記事一覧
カテゴリー
以前の記事
最新コメント
トラックバック
演奏予定
*NIIGATA*
■4/21sun.13:30start
東京音楽大学校友会演奏会
@だいしホール
前売1000円

お問い合わせはこちら
■5/4sat.14:00start
コジファントゥッテ
@音楽文化会館
前売2500円

お問い合わせはこちら
■5/26sun.14:00start
ジョイントコンサート「彩」
@だいしホール
前売1500円
当日2000円

お問い合わせはこちら
携帯
qrcode
リンク集
Admin l RSS1.0 l Atom0.3 l

ママピアニスト坂井加納の気まぐれピアノライフ☆

新潟で活躍するピアニスト、3児のママでもある坂井加納の日常。新潟市西区にある『ひびき音楽教室』主宰。
<< 朝からラフマ2ノフ。 | main | 火曜はレッスンの日。 >>
ごあんない
新潟市を中心に活躍する
ピアニスト『坂井加納(さかいかな)』のブログです。

**公式サイト**

ブログランキングに参加しています!
ピアノの先生、ピアニストのブログがたくさん!
見てみませんか??

人気ブログランキング“ピアノ”へ
にほんブログ村 “クラシックブログ”へ
スポンサーサイト (2016.11.29)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ベートーヴェン作品110考察[5] (2007.01.16)
"Adagio ma non troppo"

レチタティーヴォと同じ速度表示です。
何が違うか。拍子、これは変わらず4拍子。
違うのは、tutte le corde.というところでしょうか。

レチタティーヴォの終わりは、「消えながら」。
そこから始まるアリアの前奏は、
弦を全て鳴らした上、同音連打にペダルまで。
そして音が増えて和音を形作りながら、
アリアはpなのに直前までcrescendo。

なぜこんな風に始まるのか?
一つの「嘆き」の表し方、予告、なのだと思います。

「これから言いたいことは
悲しみ、憂い、絶望、虚無ではなく、
嘆きなんだ!」


という予告。

で、『嘆きの歌』が始まるわけです。。
歌は4小節単位の節が4つで作られています。
和音連打の伴奏に乗って、メロディが歌うわけですが、
完全な、起承転結となっているのが見た目からもわかります。

はじめの4小節で、心境の語り出し
思い余って拍に乗り切れないでいるようなシンコペの多用。
ジリジリと半音進行でもう一つのメロディを作り出すようなバス。
♭6つの変イ短調は、これでもかと言うほどに後ろ向きな気持ち。

次の4小節は、バスの和音が少し開いた形になり、
調も平行調の変ハ長調。3小節にわたる長い長いスラーで
音高も音価も共に高揚していきます。
行き着いた先は1オクターブも上の世界

続く部分ではト音記号に上がってきてしまった
根音の抜けた伴奏の和音によって疑問符が打たれ、
その答えはというと、1節目に出てきたシンコペによる下降型。

廻るばかりで先へ進まない。
内声にため息が聴こえ、諦めのような最終節。

歌を終えてから、最後に付け足された1小節間。


十字架の音型で、神様に祈ってみる。

次回へつづく

♪クリックお願いします♪→人気blogランキングへ
| 楽曲解説 | 05:09 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト (2016.11.29)
| - | 05:09 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://sakai-kana.jugem.jp/trackback/221
トラックバック
単位とかいろいろ
ピアノにあって、黒鍵と、その黒鍵に隣り合う白鍵の間は、半音である。また、間に黒鍵を挟まない隣同士の白鍵の間も、半音である。、、の音程は半音である。半音の倍を全音と言う。平均律にあっては周波数比は半音の周波数比の自乗となり、1:\sqrt[6]である。その他
| 単位とかいろいろ | 2007/03/12 7:43 AM |