記事一覧
カテゴリー
以前の記事
最新コメント
トラックバック
演奏予定
*NIIGATA*
■4/21sun.13:30start
東京音楽大学校友会演奏会
@だいしホール
前売1000円

お問い合わせはこちら
■5/4sat.14:00start
コジファントゥッテ
@音楽文化会館
前売2500円

お問い合わせはこちら
■5/26sun.14:00start
ジョイントコンサート「彩」
@だいしホール
前売1500円
当日2000円

お問い合わせはこちら
携帯
qrcode
リンク集
Admin l RSS1.0 l Atom0.3 l

ママピアニスト坂井加納の気まぐれピアノライフ☆

新潟で活躍するピアニスト、3児のママでもある坂井加納の日常。新潟市西区にある『ひびき音楽教室』主宰。
<< 一足早く、新生活スタート! | main | 新発田市ピアノ協奏曲ソリストオーディション合格者コンサート >>
ごあんない
新潟市を中心に活躍する
ピアニスト『坂井加納(さかいかな)』のブログです。

**公式サイト**

ブログランキングに参加しています!
ピアノの先生、ピアニストのブログがたくさん!
見てみませんか??

人気ブログランキング“ピアノ”へ
にほんブログ村 “クラシックブログ”へ
スポンサーサイト (2016.11.29)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
胎教コンサートに出ます♪ (2014.05.14)
投稿が滞ってしまいました(^^;)

こんにちは、三人のママになった坂井加納です♪

二月に里帰り出産、三月に帰宅、四月から上の二人が幼稚園に行き始め、
在籍生のレッスンも再開いたしました。

末っ子も元気いっぱい、上の子たちの園生活も、順調なようです。

演奏活動もゆるく再開、
24日土曜日に三条市の産婦人科、茅原クリニックさんで
クラリネット奏者の林佳保里さんと一緒に胎教コンサートに出演します♪

産んだばかりで胎教コンサート。

持ってこいですねぇ。

ちなみに林さんも元気いっぱいの妊婦さん♪

電子ピアノでしかもリハーサルができない、ということで少々不安ですが、
出産を控えたプレママさんたちのために、
そして大仕事が待っているおなかのベイビーちゃんたちのために、
楽しく演奏してきたいと思います^^

うちの末っ子がお腹の中にいた頃は
ちょうどモーツァルトのオペラの稽古中でした。

で、生まれてからはお歌が大好きです。

歌ってあげると機嫌が良くなるので、大助かり。

ただ胎教って言っても、おなかの中に聴こえるわけではないそうですね。
お母さんの精神が安定することや、楽しい気持ちになることが、
赤ちゃんにも伝わるってことなんでしょうか?

歌での子育てってとても楽しくて魅力だと思うので、
プレママさんたちにはぜひこの機会に音楽に親しんで
出産後の楽しい子育てに結びつけてもらえたらなー、なんて思ってます。

おっと、新入りが泣き出した。それでは!!
| 日常 | 09:28 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2016.11.29)
| - | 09:28 | - | -
コメント
先日行われたモーツァルトのピアノ協奏曲オーディションで譜めくりのお手伝いをさせていただいた者です。ピアノ感動しました。直前のリハではじっくり音の響きを確認している様子に感銘を受けました。音の気迫と坂井さんの気さくさのギャップを感じつつ、こんなピアニストになりたいな、でも、私子ども3人いていそがしいしな、と思っていたら!!お子さん3人もいらっしゃってびっくり、心から尊敬します。しかもうちの末っ子より後に生まれているとのこと。うちは上から年中、2歳、1歳です。なんとかしてお近づきになりたいと思いました。
| 佐々木雅美 | 2015/06/20 3:02 AM |
佐々木雅美さま

コメントありがとうございました!
お返事が遅くなり本当にごめんなさい。
そして!!あのときの譜めくりの方!
その節はお世話になりました!

同じ3児ママだったとは!
譜めくり、一日仕事で大変だったのではないでしょうか…?

私は、直前まで一緒でしたし直後に合流しました(笑)

ピアノ感動しました、だなんて、、、嬉しすぎます!
光栄です!無理して挑戦してよかったです!
本当に好きな曲なので、弾けただけで幸せでした。

もう一度機会をいただけたので、
末っ子おんぶで練習してます〜〜!

でも今日は寝てくれずグズグズ言われたので、
30分で終了でしたが(涙)
頑張っています!良い音を演奏したいと思ってます!

ぜひ今後も、よろしくお願いします♪
| sakai kana | 2015/07/01 11:10 PM |









この記事のトラックバックURL
http://sakai-kana.jugem.jp/trackback/581
トラックバック